読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's see what I'm up to

福祉とか心理とか語学とか読書とか

すべては平日のために

予定のない土日の過ごし方たるや散々なもので、昼からビールをスーパーの弁当と一緒に頂き、Amazonプライムで映画を観るか、あるいはTwitchでハースストーンの配信を観るか、最近だとプロ野球の実況中継を流し見るなどして、まどろんできたらお布団へ直行、気づいたら午後四時頃といった具合である。そろそろ夜か、よしカレーでも作るか、みたいな感じ。これでも独身アラサーの中央値からそう外れていない生活らしい。安心して良いのかどうかは全くわからない。そういえば東京タラレバ娘の最新刊が出ていた。

そんなわけで自堕落な週末を満喫している一方で、平日に出くわした”実践的教科書”の復習に充てる時間を確保せねばと右往左往している。この実践的教科書のページ数が増える瞬間というのが、面談場面で相談者から投げかけられた質問の答えに窮した刹那である。変な汗が流れるとともに、「また週末に勉強しなきゃ」と、泣きながらメモ帳に『自立支援医療 会社 本当にバレるかどうか』などと書きなぐっている。

ちなみに、この質問の解答(?)は、「バレる・バレないの二元的・哲学的な問い」であれば、世の中に100%漏洩しない情報などないので「バレる」であるが、もっと現実的な問いであれば、「国保協会けんぽなら、市役所にスパイでもいない限りまずバレない」だろうし、「組合健保であればレセプトが身内でまわるからバレる可能性は0ではない」ものの、職員の医療情報を理由に一方的な人事考課が図られたら、会社ごと潰れかねない不祥事となるだろう。

最近の悩みは、土日の午前中に、これら平日分の宿題をこなしきれず、昼以降の酒気帯びのまま勉強しているため、間違った記憶が定着していないか不安だということである。

「超」勉強法

「超」勉強法

 

 

ひきこもりはなぜ「治る」のか?―精神分析的アプローチ (ちくま文庫)

ひきこもりはなぜ「治る」のか?―精神分析的アプローチ (ちくま文庫)

 

 

広告を非表示にする